Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Links

Recent Comment

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

【ヨガの練習を日常に活かす】体の感覚が教えてくれるもの



睦沢にソフトクリームを食べに行った帰り道、

車を走らせていると、ころころと、まるまるとした青梅が2個

お散歩するみたいに道路を横断していました。

 

「そうね、青梅の時期よね」というのを、

こんな形で感じるのも面白いものです。

 

こんなのが車道をころころと・・

 

 

 

先日、知人と連絡を取り合っている時に

温かみのないやりとりに、胸の奥がギュッとする感覚を感じました。

 

わたし、この感覚を感じることが大嫌いでした。

胸の奥がギューッと締め付けられる感覚、息ができなくなる感覚。

 

昔はこの感覚が強すぎて、本当に死んでしまう〜〜と思っていました。

だからこの感覚を感じそうになると、いつも逃げていたのです。

 

どう対処したらいいのか全く分からなかったので

当時は逃げるしか他に、方法を知りませんでした。

 

 

ヨガを始めてあるポーズに出会ったとき、

逃げては繰り返し、やり過ごしては繰り返す、感覚に対する

具体的な技(スキル)があることに気が付きました!

 

初めは大っ嫌いで、目じりに涙を浮かべ、イライラしながらも

同時に、これは素晴らしいストレスマネジメントだわ!と感動していたのです 笑

 

これはきっと他にも必要としている人がいるはず。

というか、皆に必要と思う!

 

繰り返す心のパターンに対する、具体的な技術としてヨガが存在することに

またまた感動した、アーサナとの出会いでした。

 

今振り返ると、ヴィパッサナーでやっていることと、ほとんど同じだったことに驚きます。

 

ヨガを始めた当初から、アーサナの形の上達ではなく

アーサナの中に心を見ることをしていたのですね。

 

 

先日の水餃子の会の時に、

 

「ポーズをとっている時に感じる感覚は

普段の生活で自分が感じるあの感覚と同じだと気付いた。

 

このポーズで練習していなかったら、耐えられなかったかもしれない。

最初は大っ嫌い!と思っていたけど、今では好きなポーズになっている。」

 

ということを話してくださいました。

 

わたしと同じように、役に立っている人がいるーー!!

ちゃんと伝わっているし、この方の人生に良い変化が起きている♪

ということが、とても嬉しかったです。

 

 

知人とのやり取りで、胸がギュッとした感覚を感じた話には続きがありまして。

長くなったので、ベージを区切って、、

 

つづきます。

 

 

【 無理しない ー 多様性 】自分を受け入れるって持ちがいい



4月は2つの公民館での講師を担当させていただいたのですが

 

そのどちらとも、アーサナをとるときに

「無理してる感」が無いのが素晴らしい!

と感じていました◎

 

ヨガ初めての方も多く

知らない人たち同士

年齢も、性別も、価値観も、

みんな違う人たちが集まって。

 

その中で一人一人が自分に集中し、

自分にちょうど良いところを自分で探してアーサナをとる中で、

感覚を感じ取り、観察する。

 

 

そこから「落ち着き」が生まれていました。

とーっても居心地の良い空間でした。

 

 

こんなにも違う人たちがいて、違うまんまで

多様性が表現されている景色を見ることは

至福でしかないな。

 

 

ただポーズという形を真似しようとしているだけでは

この多様性の景色は生まれないと思うのです。

 

それだと皆、一つの正解を探して今の自分とは違う自分になろうと

努力してしまうと思うのです。

 

ほとんど無意識に

それが当たり前だと思い

常識や思い込みのままに

自分を変える努力をしてしまう。

 

 

わたしがヨガで皆と練習したいことは

 

自分が自分を認めること、受け入れること

自分を無視しないこと

自分を傷つけないこと

今の自分で堂々といること

そして他の人もそのまんまで存在を認めること

 

 

おまけとして、健康と柔軟性と美しさも付いてくる◎

 

楽しくってやめられません^^

 

 

 

【辰巳台ヨガで伝えていること】今、ここで、幸せになるヨガの練習



辰巳ヨガの方は、皆さん知っておられることですが

 

たまたま、このブログをご覧になった方へ

 

まだまだ、まだまだまだまだ

「ヨガはポーズを上手にとることだ」

と、思っている方がいるかもしれませんが

 

 

「ヨガはポーズをとることではなく

自分の内側を観察することの連続である」

 

ということをお伝えしています。

 

 

ぐいぐいと、芽が出てきていますね

 

 

 

その練習で得られるものは、

 

見た目や形に捕らわれることのない、自由と安心感。

 

周りの人にどう思われるか心配することのない、自由と安心感。

 

努力や頑張りを求められない、自由と安心感。

 

先生に注意やダメ出しをされることのない、自由と安心感。

 

できる人、できない人とレッテルを貼られることのない、自由と安心感。

 

そのまんまの自分が尊重される、自由と安心感。

 

 

 

わたしがヨガを通してお伝えすることは

ポーズの上手なとり方ではなく

 

自由と安心感です。

 

 

 

ちょっと他のヨガ教室とは違うところかもしれないので

ポーズを習いたい方にはポイントがズレてしまいますが

 

今、ここで、

自由と安心感をもって幸せに生きたい

 

そう望む方には、ぴったりだと思います◎

 

 

見た目に捕らわれない、心が充実するヨガの練習を望む方

ぜひ一緒に練習しましょう。

 

 

ヨガ初めてさんのための、最初の一歩の場所



今日は公民館でのヨーガ講座でした。

毎回キャンセル待ちが20名近くになるそうです。

 

最近は男性の参加者も増えてきたように思います。

今回は6名いらっしゃいました◎

 

初回はマットが無くて、公民館で用意した座布団を3枚使っていた方が

次の週にはマイマットを持参されていました。

 

職員の方が声をかけると、嬉しそうに「買ったんですよ」と話したそうです^^

 

女性の方も、ヨガが初めての方が半数くらいの参加で

公民館の講座は初心者の方が何かを始めるためのきっかけになる場所

と、職員のかたもおっしゃっていました。

 

以前はヨガができる場所は都内にしかなかったものですが

今は随分と身近でもできるようになったとはいえ、

まだまだハードルが高いと感じている方もいらっしゃるのだなぁと

あらためて知ることとなりました。

 

確かに、年配の男性はスタジオ等へ行くことは難しそうですね。

 

何人かの方にお話を聞く機会がありましたが

心理的、またはその他の理由でスタジオやヨガ教室に参加することが難しいようでした。

 

キャンセル待ちで参加できなかった人たちの中に

まだヨガに出会ったことがない人、

本当にヨガを必要としている人がいるのかもしれない・・

 

秋の講座には、参加できるといいなぁと思いました。

 

 

可能性を開花する方法とは



今日から公民館のヨーガ講座が始まりました。

 

始まる前にお話しさせて頂いたときに、

 

去年まで真面目にやってたのですが 笑

真面目というか、生真面目にやっていたのですが

今回は、普段のレッスンでもおこっている

わたしが噛み砕いた内容でやっていきますね♪

 

と、お伝えしました。

 

 

去年までの型にはまった内容ではなく、

今、クラスでおこなっていることとほぼ同じにしてみました。

 

それは、普段のレッスンそのままに、

わたしが大切だと感じていることを

そのまま表現した内容です。

 

 

色々と学び、色々と練習してきましたが

今、とてもシンプルなところに辿り着いています。

 

より簡単に、よりシンプルに、それを丁寧に。

 

その目的は、エッセンス(本質的なもの)に集中することにあります。

 

エッセンス(本質や精髄)に集中できることで

その人が持つ可能性を、今のできる範囲で100%引き出すことができます。

 

こんがらがってアーサナをとる練習では

エッセンス(本質)に辿り着けていないことが多々あるように思うのです。

 

もう遠回りしなくなったな、と感じます。

 

そのまま、ダイレクトに、本質に

繋がってきているように感じます。

 

明日の辰巳ヨガも

本質に繋がるレッスンを楽しみたいと思います♪

 

 

【嬉しいメッセージ】誰かに起こることは、わたしにも起きること



ヨガクラスの参加者さまから

嬉しいメッセージをいただいたので

了解をいただき、共有させていただきます◎

 

 

「人の心の在り方が

伝染しますよね♪

ヨガに出会えてから
自分自身の心身の在り方で
まわりの人々の様子が変わるのが嬉しいです。
回りにいる人たちも
心地よい人に限られてきている感じです。」

 

というメッセージをいただきました。

読んでいて嬉しくなりました。

ありがとうございます。

 

 

 

誰かに起こることは、わたしにも起きること。

これも自然の法則だと思います。

 

 

わたしには無理だわ。縁のないことだわ。

と思うよりも

 

わたしも心地よさを感じたいな♪

と素直に望むほうが楽しい◎

 

わたしたちは自由に選べます。

 

素直に願う

 

素直に望みを描く

 

素直に欲しい感覚に手を伸ばす♪

 

 

気づきという魔法



昨日も、のんびり丁寧に自分の感覚を感じるヨガができました◎

 

昨日は特に、難し気なポーズが一切ない内容でしたが

こういう時こそ、自分の心の姿勢が表れるなぁと感じています。

 

ちょっと難しいこと、初めてやることだと刺激と新鮮さで

簡単に集中できるし、自動的に丁寧に慎重になることができます。

言い換えると、非日常的なこと。

 

シンプルなこと、簡単なことを丁寧にやれるということは

実は簡単ではない、貴重なチカラだと感じます。

シンプルなことほど、理解は難しいです。。

 

派手さはないけれど、実力が在る◎

言い換えると、日常。

 

 

 

 

 

 

お祭りやイベントなど、非日常にときめくよりも

わたしは日常の中でこの世界の楽園を感じていたいのです。

 

 

感受性。

美しいことをそのまま直に、ゾクゾクと美しいと感じる。

不思議に思わせたり、驚異、驚嘆の念に打たれたりする、みずみずしさ。

これが薄れると、何を見ても灰色で詰まらなくなります。。

 

 

 

 

 

 

ガラスに素手で触れたような、朝の空気の冷たさ

 

空の色が昨日までと違うことで、新しい季節の始まりを知ること

 

身近にあるたくさんの優しさに気づいて、たくさん ありがとうを言うこと

 

自分以外の誰かと、心が通った瞬間に感動すること

 

誰かの心が前向きになった知らせを、人伝に聞くこと

 

 

 

 

人は、毎日が奇跡の連続だということを思い出したいのではないかと思うのです。

 

探していた夢や理想は今、ここにあるという真実を実感したいのだと思います。

 

わたしがそうでした。

 

 

気づくこと、認識すること、知覚すること

これが、日常の中でこの世界の楽園を感じるための魔法でした。

 

単なる「気づき」

これ以上の魔法や奇跡はない◎

 

 

 

気づきという魔法を使えなくしているのが

「我・自我・エゴ」と言われるものですが

我が強いと気づけません。。

 

長くなるので、それはまた今度書こうと思います。

 

 

Yogaの旅で発見するものとは?



ヨガクラスに来てくれた人は、必ず、

以前より自分のことが好きになります。

 

さらに自分を大切にして、自分を信頼できるようになる。

 

体が硬い自分、歪みがある自分、筋力が弱い自分を

一度ありのままに受け止めて、ぎゅっとハグして

 

それでもやっぱり「ありがとう」って言えるヨガです。

 

 

ヨガクラスに来てくれた人は、健康的で美しくなる。

 

肌艶がよく、瞳が輝き、体はよく動き引き締まってくる。

 

 

 

ー 平坦な日常にマットを広げて旅に出る

  感性を磨く旅。新たな視点を手にする旅へ ー

 

 

ヨガを始めてからずっと言い続けているこのフレーズ。

 

旅行ではなく、旅というのは

 

みんなで観光地を巡り、食を楽しむのが旅行なら

旅は、自分の内側に出会うためのものだと思っています。

 

海外へ行くのも、国内の旅も、もちろん素敵♪

 

でも、感性を磨く旅、新たな視点を得る旅は日常からおこなえます。

それをヨガでやろう!というのがわたしの提案です。

 

全ては自分の中にあるのに、もうすでに持っているのに

感性を磨くことをおこたったばっかりに、

どこか遠くへ行かなきゃいけない焦燥感に襲われる。

 

今の自分では足りない、何かを得なくては

努力しなくては、資格を取らなくては

 

「今ここ」じゃない、どこか遠くへ行きたくなります。

 

でも全ては「今ここ」にしかないことに

気づくための感性を磨こう。

新たな視点を手にしよう。

 

 

ヨガの旅で発見するものは何か?

 

喜びと希望を発見します。

 

それは自分の中に、もともと在ったもの。

 

自分に還る旅を、ご一緒しましょう。

 

 

美しい人 = 自分で作った縛りを開放して踊るように生きる。



先日、パイナップルケーキを作っていた朝、

生地を計量しながら今日のパーソナルレッスンに来てくれる方のことを考えていました。

 

初めて会った時から随分と変わったなぁ。

どう変わった?

 

美しくなった。

 

美しいってどういうこと?容姿?見た目のこと?

 

ううん・・。わたしが思った美しいとは・・

 

「人に気持ちの良い影響を与える在り方の人になった」

ということでした。

 

 

そういえば別の方がそのように変化した様子にも驚いたことがありました。

 

たしか一昨年の八幡公民館でのヨーガ講座で、

わぁ!空気清浄機みたいな人が入ってきた!と思ったら

辰巳ヨガの方だったのです。

 

凛として、その方の周りの空気が奇麗だこと奇麗だこと。

自然体でリラックスしていて礼儀正しい=自信。

 

お友達から「何かやっているの?」と尋ねられたと聞いて

やはりね◎と思ったのでした。

 

 

 

良いことをするとか、良いことを言うとかそういうのじゃなくて

ただ、自分で在るだけなのだけど

 

その自分を受け入れている姿が

清々しく気持ちの良い波動を出している。

凄いなぁ。

 

 

自分の気持ちや感覚を肯定するようになってから

素直に感じて行動するチカラがアップしているように思えていました。

 

頭で考えて、

もう歳だから、自分には必要ないから

出来ないから、ムリだから・・というのではなく

感じて心が動くままにする。

 

ヨガで

背中立ちのポーズを下りたいなと感じたら降りて

鋤のポーズをやめたいなと感じたら早めにシャバーサナに入って一人のんびり休む。

 

それができるようになったんです♪

とニコニコで話してくれました。

 

以前は、

皆はまだポーズしているのに自分だけ先に降りちゃって・・

皆はできるのに自分だけできなくて・・

と、自分を責めたり否定していたけれど

 

自分の感覚を認めて受け入れる練習の成果が出て本当に良かったです!!

 

 

自分で作った縛りから解放されたとき

美しさ、自由が溢れ出し、穏やかさ、落ち着きと共に在り

リラックスして安心した在り方になります。

 

美しく、自由で、穏やかに、落ち着いて

リラックスして、安心して生きることができる。

 

これがヨガの練習で伝えていることです^^

 

 

ヨガって凄い。

ヨガのお陰ですとおっしゃっていました。

わたしもそう思います♪

 

そして

「先生がヨガで伝えたいと思ったことは間違いじゃないです。」

と言ってくれました。

 

感動。感謝。

ありがとうございます。

 

 

これからも一緒に

ヨガを通して縛りを開放し、豊かな在り方へ整えていきましょう♪

 

 

 

最近実感している、しあわせとは



今年の5月のヴィパッサナーでは

「平静さって・・本当に良いものだなぁ・・!」

ということを、心の底から実感できたのですが

 

今回は

「しあわせ って、心の落ち着きだなぁ・・」

ということを、しみじみと実感していました。

 

お花畑のようなウキウキしたふわふわしたものじゃなくて

心が落ち着いていること。平静さ。

 

良いことだけ、または何もないことが幸せなのではなくて

どんなことがあっても現実を受け止められる

心の落ち着きがあることが幸せなのだと感じています。

 

 

平静さ 落ち着き

 

ヨガでも何でもそうですが、

頭で言葉として知っていても、分かったことにはならなくて

自分がその状態になって初めて分かったことになる。

実際に心と体で経験したことだけが理解になる。

 

ヨガとヴィパッサナーに出会えて良かった。

続けられて良かった〜〜。

 

 

わたし自身の心の落ち着き、平静さは

一緒に居る人に必ず伝わり、分かち合っていけるものだから

わたしがそれを深めることは、自分だけじゃなく

周りの人たちにも役立てられるのだと思っています。

 

皆さんも経験があると思いますが

心の状態は周囲に伝播します。

 

混乱している人と一緒に居ると、それが自分に伝播します。

反対に、落ち着いている人と一緒に居ると落ち着きます。

 

 

ヨガは老若男女、全ての人が体の状態問わずに安心して楽にできるものなので

これからもヨガと共に、心の落ち着きと平静さを伝えていきます。

 

ヨガに来る人が、ヨガと共に

わたしと一緒に居ることで整えられるように・・

日々、鍛錬していきたいです。