Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Links

Recent Comment

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

立春 第一候:東風解凍



昨日、車を運転しながら春が来た!とにこりと微笑みました。

ウィンドウを下げるとまだまだ空気は冷たいのですが

ガラス越しに感じる日の光の温かさは、春のそれでした。

 

これから始まる!

ここからどんどん加速していくわ

 

自然のエネルギーの高まりに、わたしもわくわく&うきうきします。

 

地球のエネルギーの加速を肌で感じるこの時期が一番好きです!

だぶん毎年書いていると思いますが・・^^

 

 

春も生まれたことですし

 

よもぎ白玉にしました。

 

 

炊いた小豆のあんこも一緒に。

 

 

 

緑のものが欲しくなるのです!

 

採れたてのクレソンが鮮やかで嬉しくなります。

 

 

ちょっとのニラ醤油と亜麻仁油をかけて。

 

ささやかな春のお祝い。

 

 

三宅一生さんの番組を見ていて

ちょうど、

「日本人として、質素なものに美しさを感じるんだ」と。

 

うんうん、と心で頷きながら

 

三宅一生さん、素敵な人だなぁ。

 

 

冬の季節の仕込みもの キムチ



ふんわりとして、美しい白菜。瑞々しくて美味しかった

 

 

我が家はみんなキムチが大好きです。

 

祖母が現地の方からキムチの作り方を教わり

よく作ってくれていたそうで、母も韓国の方から習って昔は作っていました。

 

最近は作ることもなくなっていたのですが

一昨年に高橋家のキムチに出合ってから、

乳酸菌が生きている本物のキムチが食べられると大喜びでした。

 

酸味のあるのが好きなのですが、熟成されるまで待てない!

直ぐになくなってしまうので、直ぐに食べる用と熟成させるようで購入して

熟成させる用は、高橋家に預かってもらっていました 笑

近くにあるとね、すぐ食べちゃうから^^

 

 

そしていよいよ今年は、自分でもキムチを漬けてみました。

 

昨年12月のレッスンにも参加し

先生の使っている材料を全部そろえて、準備万端。

 

 

そして白菜はなんと、矢部家の白菜です!

 

以前何度か野菜を頂いたのですが、

どれも丹精込めて作られていることが伝わる

美味しい野菜ばかりなのです。

 

キムチ初挑戦に矢部家の白菜を使わせえてもらえたら

大変だけど、頑張れる!

ちょっと上手くいかないことがあっても、美味しくなる!

 

矢部さんと一緒に作っている気分。

わたしの背中を押してくれました。

 

 

最後に一番外の葉でくるりとまとめることに感動

 

 

初回はやはり色々あり、心残りの部分のあるのですが

まずは自分でやってみたに◎

そしてやはり楽しかった。

 

発酵食品が大好きで、味噌や甘酒に続き

自分で仕込めるものがまた一つ増えました。

生きるチカラがアップしているかも。

 

 

両親は九州の自然の中で育ち

そのまた親たちは、家から何まで全て自分たちの手で作りだしてきた世代で

暮らしの中で、自然と繋がりながら自分の手から何かを生み出すことが普通の人たちです。

 

でもわたしの世代はもう、自然との繋がりが希薄になり、物が豊富にありすぎる中で

自然のサイクルの中で恵みを受け取り、手仕事をして暮らすまでのその流れが

分断されてしまいました。

 

でも一つに繋がっている感覚を取り戻したくて、

ヨガと自然サイクルと手仕事を合わせた暮らしをするようになりました。

 

全ては繋がっている。

分離から統合へ。

 

ヨガも暮らしも自然と一緒。

 

 

冬の季節の仕込みもの 柚子茶とマーマレードと塩レモン



皮を綺麗に剥いたところ。かわいい

 

 

年末、たくさんの柚子茶とマーマレードと塩レモンを仕込むことが出来ました。

 

芳泉茶寮では、次々と届く美味しいものを活かして、また美味しいものへと加工していく

その手際を見せてもらい、そのことが本当に勉強になり

今回自分で仕込むときの力となりました。

 

毎回ものすごい量なので、コレ本当に出来るのかしら?!と驚いていましたが

宮さんたちの早くて丁寧な仕事のお陰で、無駄にならずに終えられています。

 

高橋さん宮さんたちの、また違う仕事の仕方を間近で見させてもらうことで

のんびり過ぎるわたしも良いリズムで動けるようになってきました♪

本当に有難いです。

 

 

昨年は、枝豆、バジル、かりん、夏みかん、柚子、いちじく、しいたけ

これらを大量に扱うことで免疫がついていたのか

父が依頼主から頂いた、4圓困弔陵子や夏みかんを

わたしも無事に仕込むことが出来ました。

 

柚子茶とマーマレード

レモンは塩レモンに。

 

なんとも言えない達成感!

 

ご厚意で頂いた自然の恵みを(全て無農薬!)

悪くすることなく美味しいものにできた。

高橋家で学んだことは、直ぐに自分でやってみる!

 

量が多くて大変でしたが・・^^;

 

 

砂糖の種類を変えて作ってみました。

 

こちらは白砂糖で。やはり色が綺麗です。

柚子の色をそのまま楽しめます。

柚子のフレッシュな香りとほのかな苦みを良く感じることができます。

 

白砂糖は敬遠していましたが、食材や活かしたい特性によっては

使う方がいいのだなと、高橋家にいて感じました。

 

甘いものが欲しいときのお菓子の代わりに◎

一仕事終えたときの疲労回復に◎

 

小さいカップに一日一回までにしています。

 

 

左が、てんさい糖とはちみつ

右が、てんだい糖のみ

 

はちみつ入りは、柚子よりも蜂蜜の味や香りが立っていて

茶色い見た目も相まって、漢方薬のようです。

風の予防に効きそう、と思わせてくれます。

苦みも強め。

 

てんさい糖のみは、はちみつ入りよりもまろやかですが

てんさい糖の味が柚子のフレッシュな味を消してしまう気がします。

 

3つの味を比べられて面白いです。

 

 

マーマレードはスコーンやお菓子に。

塩レモンは料理のお助け役に。

あ、レモンはサラダや鍋に入れても美味しかったです。

 

 

大変だったけど、楽しかった♪

今年もまた12月に作りたいです。

 

 

【備忘録】8月26日、9月2日 水餃子作り



 

水餃子の美味しさにハマっていますが、自分では未だ上手くできません。。

楽しく練習、練習♪

 

 

8月26日

 

 皮がゴムみたいに弾力がありずぎて、噛むのが辛い。。。

 あごのトレーニングにも程がある。

 噛み疲れた。

 

 

9月2日

 

 生地を捏ねているときまでは前回と同じ感触。

 今回もダメかと諦めモード。

 成形の時もやはり弾ける弾力。。

 まったく期待せずに茹でてみる。

 

 が、食べたら皮がハラハラと口の中でほどけて美味しくできていた!

 まぐれかも知れないけど、びっくり。

 

 前回よりも美味しくできて嬉しい♪♪

 

 

♡ 水餃子クラスにご参加の皆様へ ♡

作りたいけど粉とか揃えるのが面倒・・という方

1回分の量でお分けすることできますので、気軽にお申し出ください!

美味しい餃子が作れるように、一緒にがんばりましょ♪

 

 

今年最初のゴーヤチャンプルー




ゴーヤがもりもり!

 

 

さよ子さんのお父様より、みずみずしいゴーヤを頂きました!

 

一度、いえ一回に二度お会いしたお父様、

わたしのことを覚えていてくださったようでとても嬉しいです。

 

今日のお昼にさっそく大好きなゴーヤチャンプルーにしました。

 

去年は珍しい豆腐を使ったら固すぎたり、下味を間違えたりしていましたが

オーソドックスにちゃちゃっと作って、もりもり食べました◎

 

豆腐のサイズが小さすぎた・・

卵の塊具合がイマイチ・・

と、気になるところはまた次回に。

 

 

新鮮で活きがいいから元気になるなぁ♪♪

ご馳走様でした!!

 

 

【備忘録】7月24日 水餃子作り



 

7月24日 午前中

 

具材

・トマトと卵

・昨夜の残りのナスの揚げ浸し(おろし玉葱和え)

 

・にんにく醤油(母のを頂いて)

・辣油(芳泉茶寮)

 

最初に生地をこねる際、硬さが気になり水分を多くし過ぎた気がする。

生地を休めると滑らかになるので、そこまで待てればよかった。

水分が多いからなのか?皮がもったりしていて食感がイマイチ。

 

断面を作って千切ること、皮を丸く伸ばすこと、ヒダを薄めに成形すること

これらは少し手際よくなった。

 

「皮を食べる」のだから、小麦粉が美味しくないとダイレクトに味に響く。

 

次回、具材の分量と旨味、サイズ感の調整。

 

皺があまり寄らないのはなぜか。

 


 

 

今日は午後からボランティアのヨガだったので

午前中は水餃子作りに励みました。

 

自分でやってみてさらに、些細なところが決まるか決まらないかで

完成の味に違いが出てくることを感じました。

 

うーん、気になるところがたくさん。

これであってる??と確認したいことがたくさん。

 

見た目はそれなりな感じに収まりましたが、味はまだまだ・・・

当り前ですね!

 

今度は違う具材で挑戦だ♪

 

 

【動いてみて見えること】思いがけず、家具が一つ空きました



今日も絶賛断捨離中です。

ここ最近の中では涼しく、吹く風に勢いがあるので快適に活動しています。

こんな恵まれた日はそうないわ!と思い家具の解体もしました。

 

片付け初めには思ってもいなかったのですが

進めるうちに、この収納家具を手放せるかもしれない・・・

と直感したときのビビビ感まさにセレンディピティ。

 

 

こちらを今朝 解体しました

 

 

身長よりも少し高めで、幅はわたし×3くらい。

見た目スッキリながら たっぷり収納できるので重宝していたし

この中をいかに片付けるかは考えても、これ自体を無くすなんて考えたこともなかったので

閃いたときの、新しい回路に電気が通ったような感覚は快感でした。

 

この感覚を感じる瞬間が大好きです。

新しい視点を手に入れる感覚。

わたしにはコレが無いと人生がつまらない。

 

視点についての記事 ⇒ ☆ yogaのある生活で毎日が発見の旅になる

 

 

無意識のいつものパターンから抜け出した瞬間✨

アハ体験は脳や細胞が喜ぶ✨

 

このために断捨離を始めたんだなと思います。

今必要なことはインスピレーションで知らせてくれる。

その感度と頻度を高めたい。

 

 

その後もちょこちょこ小さな閃き体験に、ゾクゾク感を楽しんでいます。

 

紙物が好きで、手紙を書くので便せんや封筒や袋類もけっこうあり

収納をどうしようかなぁと思っていたところ、

ステキでとって置いた袋と便せんのサイズがピッタリ!なのがわかり

便せんを外袋から出して、まとめてお気に入りの袋に収納♡

自己満足。ウキウキしすぎて本当に心が♡でいっぱい 笑

 

 

封筒や小さな紙はまとめて巾着へ。

でも、この巾着が好みではないことに気づき、、、好きな生地で自分で作ろうと決めました。

最終的に紙類はまとめてトランクへ収納してみることにして

経過観察しながら使い勝手を検証してみます。

 

 

 

 

これは良かったな と思うのが、頂いた手紙やカードのしまい方。

 

封筒に入ったままで箱に入れていたのですが、今回全て出して中を見ました。

元気をくれる温かい言葉たちがたくさん。気持ちがたくさん。

 

被害者ぶって勝手に落ち込んだ時の、処方箋として残したい手紙は

全て封筒から出して見えるようにクリアファイルへしまいました。

 

ジャン・コクトー、星の王子様、ミュシャ

センスのいいカードを送ってくれる人たちがいることの幸せ。

(映画の美女と野獣はジャン・コクトーのものが好き。お勧めです。)

 

 

ブログを書くのが良い気分転換になりました。

さて、片付けに戻ります。

 

 

梅の土用干し



19日に土用入りをして、明日は大暑!

空梅雨のまま梅雨明け宣言を聞くこととなってしまいました。

 

正直ちょっと煩わしいと思っていた

しとしと降る梅雨の雨が懐かしい。。。

日本の情緒でしたね。

カタツムリって今いるのかなぁ。

 

梅雨明けしたら、梅の天日干し。

かわいい子供たちに、たくさんのお日様パワーを浴びてもらおう。

三日三晩外に出して、夜は夜露にあてます。

この夜露にあたることで梅の肌がしっとり柔らかになります。

 

一緒に入れていた紫蘇も干して乾燥させます。

乾燥が足りなければオーブンで水気を飛ばし、細かくします。

 

ゆかりを作るには、去年漬けていた紫蘇が良いようなので

今年は去年の物で作ってみようと思います。

 

 

梅酢を使って紅生姜作り。

 

梅酢は万能調味料であり、薬でもあります。

 

<かんたん漬物> 

キュウリやカブを切り、梅酢を少量かけて揉むだけでもいいし

山芋を漬けてみたら、こちらもさっぱり美味しかったです。

夏にさっぱりした漬物があると助かるな。

保存料や着色料のない安心な漬物です。

 

<魚介を洗う>

魚介を洗うのに、少量の梅酢を使って洗うと

殺菌効果があり安心だし、臭いも取れてスッキリします。

 

<味付けに>

梅酢の味や香りが合いそうと感じる料理には、

味付けで使う塩の代わりに梅酢を使っています。

 

<風邪の予防に>

わたしの風邪は喉から。

塩うがいが良いなら、梅酢うがいはもっといいに違いない!

そう思って4年前から始めた梅酢うがい。殺菌作用がよく効きます。

最近は喉に直接スプレーできるボトルに入れて、狙い撃ちしています^^

 

梅酢うがいの記事 ⇒☆喉のピンチに!

 

干した梅は、甕に戻して梅酢につけています。

その方が乾かずジューシーに保存できるので

食べる分量を小瓶に移し、無くなると甕から補充します。

 

今年もたくさんの五感を楽しませてくれた梅仕事。

今から梅の仕上がりが楽しみです♪

 

 

不徳の致すところ からの 片付け



母は愚痴を言いません。

何かあっても、人や環境のせいにしてブーブー言うことがありません。

 

わたしはというと、子供のころから人や環境のせいにして嘆いて

いつもブーブー言っていました。

 

家族のこと、学校では友人関係、会社員時代は職場環境と人間関係。

悩みのほとんどは人間関係。

 

○○ちゃんがね、こんなことを言うの!信じられないよね><

○○さんがね、こんなことしてるの!あり得ないよね><

上司が○○だから上手くいかないのよね。

普通はさぁ、○○じゃない?

 

みたいなことのオンパレードで、基本的にいつも同じことを言っている 笑

 

 

そんなわたしに母はこう言いました。

 

「そういう人しか周りにいない自分を 反省しなさい」

 

えー!わたし?わたしですか? がーーーん。

 

 

『 わたしの不徳の致すところです 』ということ。

【調】自分に十分な徳が備わっていなかったため、

今回のような好ましくない状況に至ったのだ という表現。

自分に責任があると表明する言い方。

 

 

最近、これは わたしの不徳の致すところ???と

目を疑いたくなる状況があり

「それはイヤだ!」と思ったら、急に部屋の片づけがしたくなりました。

 

今回はなぜか徹底的に、と。

 

今まで何度も断捨離風のことをしてきたけれど、

捨てづらいもの(もったいない・まだ使える・いつか使う・高価・収集癖によるもの)と

向き合うと心が苦しくて辛いから、結局置いておくことにして逃げました。

置いておく方が楽なんです。。

 

 

だからいつまで経っても、何度片づけをしても、部屋の景色が変わりません。

根本的に何も変わっていないけど、問題も無いし「まぁ、いっか」としてきました。

 

でも今回は、「違う景色を見たい!!」その気持ちが強くて

越えられなかったラインを越えていくことを決めました。

決めるまでは怖かった。

 

口に出して宣言して、裕子さんにも心を後押ししてもらい、断捨離しています。

 

 

わたしの不徳の致すところ が招いている現状を「イヤだ!!」

と、思ったときのインスピレーションで始めた徹底的断捨離。

 

「好き」の感覚よりも、時に「嫌!!」の感覚の方が行動へ移す原動力になります。

 

変化の時はそうなのかも知れません。

嫌のエネルギーで方向転換して、新しい道で好きばかりを選び取っていく。

 

暑いけど!これから続きを始めます♪

 

 

梅♪



 

とっても いい香り〜

 

今年はどんな梅干しになるかな♪

 

母も昔から漬けていて、別でわたしも漬けます。

毎回梅の入手先も違うし、若干仕込み方も違うので

お互いの過程や仕上がりを見るのも、とても楽しいです。

 

初めのころは、よくダメ出しされていましたが、

最近は対等に見てくれているようで、認めてもらえてるのかな?

なんだか嬉しいです。

 

 

父が仕事先で梅の木の剪定をしたそうなんですね。

とても大きな木に丸々と立派な梅が生っていたそうですが

その家の方は、梅は要らないと言って好きなだけ持っていっていいと。

 

こんな立派な梅が自宅の庭に生るなんて!

宝物だ〜〜と、感動と興奮に溺れたのでした。

来年もその家から仕事が入るといいね、なんて言いながら。

 

その梅をさっそく母が、シロップと梅干しに仕込んだようです。

父も嬉しそうでした。

 

さて、わたしも がんばるぞ。