Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Links

Recent Comment

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

【今 に意識をおく練習・幸せ感度を磨く】花屋さんでする自分との対話



 

まだ蕾のころの写真。

芍薬も本当にいい香りですね。

でも前回の赤い色の香りの方が好みです。

peony 爽やかな甘い香りと、丸くふわふわな姿が好きです。

 

花がそこにあると、本当に幸せ。

 

 

 

毎週、花を買いに行くことが楽しみです。

 

今日はどんな花に出合うかな。

季節の移ろいとともに変化していく花。

後戻りできないから、一期一会を強く実感します。

 

切り花は特に、『今』というこの時を感じさせてくれます。

いのちはだいたい一週間くらい。

その中で、美しさと生命力の盛りの時から、いのちが変化していく

そのエネルギーの変化を感じます。

 

 

過去でもない、未来でもない、『今』に意識をおく。

 

そんな練習を植物からさせてもらっています。

 

 

 

 

花を選ぶときにする大切なこと。

それは自分と対話をすること。

 

ヨガの練習でお馴染みの、『自分を観察する・感覚を感じる』をします。

 

 

『今のわたしの感覚は何を選ぶのか』

自分の好き・惹かれる・わくわくする・気分が上がる 感覚を大切にします。

 

思考にお喋りをさせず、直感や感覚を磨き、自分と強く繋がる練習です。

ヨガの練習は、日常生活でもおなじようにできます。

 

 

 

 

脳は時に、巧みにウソをつきます。

本当の願いや望みとは違う、思考のお喋りを始めます。

 

それはリスク回避のための自己防衛なのだけど。

嫌な思いをしないように、傷つかないように、

悲しい思いをしないように、損をしないように、、、

 

でもそれでは本当の望みを無視しているから

いつも満たされない、ぽっかりと穴の開いた虚しさを感じることになります。

 

 

自分で自分にウソをつかないことを、ヨガの練習とともに

日常の小さなことから始めてみると、幸せを感じるセンサーが蘇ります。

 

わたしにとっての花選びは、幸せ感度を磨く時間です。

 

 

【 ヨガとよもぎの会 】再び定員となりました◎



今週末のイベントですが、キャンセルが出ましたので募集させて頂きます。

生命力を高めるセルフケアについて、楽しく美味しく学びましょう。

 

再び定員となりました。ありがとうございます^^

 


 

【5月14日(日) ヨガとよもぎの会】

冷え体質を改善する ー心も体も芯からポカポカした女性にー

 

どこにでも生えて群れをなし、生命力抜群な身近な野草のヨモギ。

良く知るものでは、草餅(蓬餅)、お灸のもぐさ、最近ではヨモギ蒸しがありますね。

 

健康にいいイメージはあるけれど、

ヨモギにはどんな力があるのでしょう?

わたしたちをどの様に助けてくれるのでしょう?

 

そんな疑問を紐解きながら、

ヨモギの力を味方につける自宅で手軽にできるセルフケアについて学びます。

 

「冷え体質を改善する ー心も体も芯からポカポカした女性ー」をテーマに

春から夏の季節のお手入れ法をご紹介いただきます。

 

・ヨモギ白玉&煎りたて大豆で作るきな粉 

・布ナプキンを使った温め方 

・ヨモギ茶 

・ヨモギの入浴剤

 

冷えは冬だけではなく、冷え性の方は一年を通して冷えています。

冷え体質を改善するには暖かい季節から始めると効果的ですよ。

 

また秋には、秋から冬の季節のお手入れ法を学びます。

一年を通したセルフケアで、「いつでもごきげんな私」を楽しみましょう。

 

 

講師: 高橋裕子さん

古民家の庭に自生する野草を使い、日常生活に自然療法を取り入れる。

食や暮らしの知恵を通して、無理なく楽しむセルフケアを提唱している。

 

場所: 芳泉茶寮 

 

参加費: ヨガ 2,000円 ヨモギ講座 3,000

 

 

タイムスケジュール

10:30-12:10 ヨガ

12:20-13;00 おにぎりと味噌汁の軽食

13:00-15:00 ヨモギのセルフケア講座

 

 

絶品辣油で味わう、ベジ水餃子の会



裕子さんのページより写真お借りしました

 

 

今日はこちらの会のお手伝いに行かせてもらいました。

 

中国では皆が集まるときには餃子が欠かせないとか。

でも焼き餃子ではなく、水餃子。

水餃子を茹でて余ったものを、翌日焼いて食べるそうですよ。

 

その水餃子を皮から手作りします!

 

生地を練って、休ませて、また練って。

棒状にしたのち、手でちぎる。これがすごく面白い^^

生地を伸ばさず、ブチっと音がするように千切るのです。

この動作のポイントは、素早い猫パンチ!テイっっ

 

 

手の平でつぶして、綿棒で丸い餃子の皮を形成していきます。

お手本を見たときは「ムリだわ・・」と思ったけど

何度もトライしていくうちに、体がコツを掴んでくれました。

 

裕子先生の教え方が上手なので、初心者でも達成感を味わえるくらいに

上手に美味しくできます。

 

一人じゃ大変だけど、皆でお喋りしながらやるととっても楽しい♪

 

 

そして絶品なのが手作りの辣油。

唐辛子の辛さが苦手な私も、これは美味しいって感動です。

旨味が凄いんです。

 

 

感動しきりの『絶品辣油で味わう、ベジ水餃子の会』

裕子さんにレッスン開催をお願いしてきました。

ヨガの後に楽しめたらいいですね。

 

皆さんにお声がけします♪

 

 

【五感:嗅覚 香り】ASTIER de VILLATTE お香



香りは大好きだとあらためて思いました。

そして香りには価値があるとも思いました。

わたしにとって、とてもとても価値あるものだと確信しました。

 

香りは今この瞬間に感じることで存在します。

 

嗅覚の感覚センサーが「好き・嫌い」「今・幻想」「感覚・思考」を

確実に嗅ぎ分けてくれる。

 

その時に感じた感覚を100%信じることが快感だったりします。

自分を信頼する喜び。

 

 

 

ASTIER de VILLATTE お香 】


世界各国の地にまつわるエピソードをお香の香りに表現したもの。

 

シリーズで色々な場所があり、地名から言うと

グランシャレ(バルテュスは一番好きな画家!)に惹かれたのですが

嗅覚はこのストックホルムがいいと言うのでした。

 

 

 

このおじさんは・・・どなた?

 

 

よく見ると乳鉢と乳棒を持っているようです。

この香りのストーリーが気になりますね。

 

「ストックホルム / スウェーデンの首都

入り組んだ石畳の路地。

パステルとオークルカラーに彩られたこの古い街には、ある秘薬が受け継がれてきた。

かつてスウェーデン王国のグスタフ二世は、自らの兵士を無敵とするため、

この秘薬を家臣の兵士たちに授けたという。

ガラス瓶の秘薬から、

野草、アロエ、クローブ、ラベンダー、ミルラ、ベチバーとクラリセージの力強い香りが漏れる。」

 

秘薬の香りでした♥

このストーリーも大好き。

 

 

 

【 植物が持つチカラが好き 】


アロマやハーブ、アールヴェーダやナチュロパシーが好きなのは、

植物が持つ、この「秘薬」的なエッセンスを信じていて魅了されているからです。

 

木の薬棚とかサンタマリアノヴェッラとかもう大好きです。

 

 

 

【 その人らしさのお役に立ちたい 】


乙女座のイメージに、薬や薬剤師があるのですね。

その人のために必要なものが何かを見極めて、薬棚の膨大な量の中から

その人にぴったりなものを処方する。

そんなチカラが乙女座にはあると。

 

「その人の滞っている所を見極めて解消し、その人らしさのお役に立ちたい」という

わたしが好きなことと通じます。

 

占星術のホロスコープは自分だけの人生の地図ですから

星の示すとおりに生きているとスムーズなのですよ。

 

 

 

ひと箱はいいお値段ですが、たくさん入っています。

シェアできるので、気になる方はお声がけくださいね。

 

 

【募集中】フライヤーを飾ってくれている方へ



「一枚は部屋に飾っています」

という嬉しいお写真が届きました。

何人かのお友達に渡してくださり、さらに追加でもらって頂きました。

 

 

 

【 旅とポストカード 】


 

旅先でその土地を感じさせるポストカードを購入して

家族や友人へ送ることがありますよね。

消印がその土地と日付を記してくれるのもいい。

 

送る側もこの景色や風、感じているワクワクを届けたいと思うし

受け取る側も、まだ見ぬ土地に思いを馳せて ときめく。

 

旅先でのポストカードには、そんなキラキラした思いや

ワクワクした感覚が乗っていると思うのです。

 

 

わたしはヨガを旅に例えて話します。

 

ヨガメンバーの皆さまは、ヨガの旅へ出て、新たな発見を楽しむ人たち。

 

ヨガの旅から見えた新しい景色(感覚)を、伝えたい友人や家族へ

このポストカードのフライヤーに気持ちを乗せて

届けて欲しいなぁという思いで作りました。

 

最近、素敵な旅の仲間が増えています。

 


 

お気に入りの一枚がありましたら、お部屋に飾って頂けると嬉しいです^^

 

 

他にも「こんな風に飾っています♪」というお写真を募集中です!

ぜひぜひお知らせください。

 

 

【募集中】みんなの甘酒の楽しみ方



みなさん甘酒はどのようにして楽しまれていますか?

 

すっきりした味わいで、冷たくも温かくも美味しい今回の甘酒。

 

みなさんのハマっている食べ方、お勧めしたい食べ方を

ぜひぜひ教えてください。

 

こちらにまとめて、シェアしたいと思います。

 

お待ちしています〜♪

 

(お名前掲載の可否もお知らせください)

 

 

心を満たすライフスタイル



HOLIDAYさんのお豆さんの写真。今は貝殻になっていたと思います。

 

 

最近、「心を満たすライフスタイル」の提案をちょこちょこしています。

 

お腹を満たすのでもなく

欲望を満たすのでもなく

心を満たす。

 

満たすポイントがズレているとき、何を食べても何を買っても満たされない。

イライラと罪悪感の繰り返し。またはそんな自分にも気づけないです。

 

これは講座でもお話ししたことでもありますが

実践してくださっている方が、自分のために心を満たしていたら

自然と家族が集まってきて、一緒に同じことをして楽しむ時間を過ごせているそうです。

「こんなの今までなかったことです!」と報告してくれました^^

 

家族との関りも自然と温かいものになり、さらに幸せで満たされる。

なんて良い循環なのでしょう。

 

ヨガはつなぐ(リレーション・コミュニケーション)

ヨガはめぐらせる(循環)

 

自分の心と身体が繋がれば、自分と周囲の環境が繋がりだします。

 

だからすべては自分から。

自分を整えると大丈夫。

 

 

ヨガを始めたきっかけは、素直な自分の生き方や暮らし方を模索していた20代に

その望みを実現する具体的で効果のあるツールとして始めたものでした。

 

このブログを始めたのも、ヨガのある日常を書き綴る為でもありました

 

 

好きなのは、

健やかで穏やかな暮らし。

日本の伝統のある暮らし。

美しさのある暮らし。

自然のサイクルと共にある暮らし。

自分の感性と美意識に嘘をつかない暮らし。

 

心を満たすライフスタイル。

 

2017年はこのテーマで活動していきたいなぁと思っています。

 

 

バラの一生



たいそうなタイトルですが、こじんまりと身近なお話です。

 

今、部屋にはバラと青色の蘭があります。

 

その内1本のバラの品種が開くタイプのもので

最後まで綺麗に開いて咲ききって、

我が家で一生を終えてもらいたいと

日々心を向けていたのです。

 

もともと美しいバラですが、いっそう綺麗に咲いて

なにかと目については視覚を喜ばせてくれてました。

眼福、眼福♪

 

芳香する品種だったので、近くを通るたびに鼻を近づけました。

バラの香り大好きです。

鼻福、鼻福♪

 

最後まで綺麗に咲ききって

 

先ほどそれを見届けました。

 

大きな花弁がはらりはらりと落ちて

ふかふかの花弁の絨毯ができました。

 

花弁はポプリにして、バスソルトを作りたいなぁ。

 

 

 

最後まで使い切る

最後までやり切る

最後まで見届ける

 

これらの行動は心を満たしてくれます。

 

相反するようなのですが、空っぽにもしてくれます。

風通しの良い心。清々しい気分のこと。

 

満ち足りたときって、一緒に手放しも起きてると思うのです。

満足して、執着が無くなる。

 

 

ヨガの時間=セルフケア(わたしへの愛)

日々の暮らし=セルフケア(わたしへの愛)

 

 

 

幸福な香りと美しさをありがとう。

 

 

お片づけはつづく



3月末に、「断捨離完了!予定はないけどいつ引っ越ししてもいいように〜♪」
なんて言っていたら、それから2週間後に住む場所が変わるという展開になりました。
さっそく現実が動いています。

子供のころから収集癖のあるわたし。物への執着がすごくあります。(物以外もある)
初めて片づけの概念に触れたのが、2009年のバリ リトリートで出会ったゆうこさんから聞いた
カレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える スペース・クリアリング」という本。

ゴミ捨てから始め 笑、「いる・いらない」「使う・使わない」「好き・嫌い」と
自分に聴きながら徐々に判断の感度を高めて。

面白いのが、はじめは良いのですが、徐々に核心にせまってくると「今回はここまで」と手を止めます。
核心に向き合いたくないのです。判断を先送りにしたくなる。とりあえず現状維持でいいや♡ってごまかす。

コレは・・と、処分に躊躇する物に向き合うときに、すっごく感じます。
「罪悪感」を。・・勿体なくて、捨てられない・・

買ったけど結局使わなかった自分。。何でこんなの買ったんだろう。。買う行為で何かを埋めてる。。
服を作ろうと布を買ったのに、未だに作れていない自分。。
高い値段でかったから捨てられない、セコイ自分。。
「いつか」のために「今」を生きていない自分。。

それを「勿体ない」というキレイ事ワードで覆いかぶせて、見て見ぬ振りして向き合いたくないの!
だって、しんどいんだもん。勿体ないから、と言っていい人ぶってる方が楽です。

そんなことを長年繰り返して、今日また片づけしています^^ 雨だからね。