Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Links

Recent Comment

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

【バラ園にて】風を生み出すもの。ハーブパウダーは、大いなる自然の循環に入るケアだと気づいた。



今日はバラ園のシンボルツリー大樹の懐に抱かれて、小さなお店を広げてみました。

 

今後の太陽の動きなども考えながら、猫ほどではないけれど、

どこが一番気持ちが良いかなぁと、感覚を研ぎ澄ませて。

 

 

 

カラッとはしていたけれど、

30度まで気温が上がる日の、一番熱い時間帯に外にいることに

気分が悪くならないかと少々心配でしたが、森の中なら大丈夫でした。

 

バラのエリアは燦燦と日差しに照らされて

皆さん木陰に来ては「気持ちい〜〜」と。

ここは園のオアシスでした。

 

 

何といっても風が気持ちよいのです。

 

わたし、風が吹いて樹々が揺れるのだと思っていたのですが、違いますね。

樹々が風を生み出しているのでした。

 

メカニズムは分からないのだけど、ここに居てそう感じました。

 

11日のマーケットの時の写真。この樹の下でお店を広げました。

 

 

特にこの大樹が、大きな風を招き込んでいる気がしました。

どういう仕組みなのだろう?

樹の呼吸かな?

 

樹が大きく呼吸するときに、大きな風が吹くのかも。

 

本当に、不思議な場所でした。

 

 

 

わたしは昔から樹の下が大好きです。

木陰で安心して過ごす時間が好き。

 

ヨガをしたり、本を読んだり、お茶を飲んだり、ノートを書いたり。

 

 

今振り返ると、放電していたんだと思います。

 

昔々は、人の気(気持ちや考えていること)や、場の気(淀みや雰囲気)を

敏感に感じ取って、過剰に受け止めちゃうので

人と関わると直ぐに疲れてしまっていたのです。

 

必要ないものまで何でもかんでも過剰に吸収したものを

一人になって、樹の傍で、放電していたんだなぁ。

 

それを樹が吸い取って、風にしてくれていたのかも。

 

なんか・・樹にはいろいろなものを吸い取ってもらっちゃって・・

ありがとうございます。

 

 

きっと、たまに裸足になりたくなるのもそうだし、

日々、植物のパウダーやオイルでケアすることも、樹の傍らで放電するのと同じ意味があったんだ。

 

だからわたしはいつも、自然なものを選んでいたのか。

それが本当に必要だったからなんだ。

 

自分の中に抱え込んでいては神経をすり減らすものを

樹や植物の力で、外に出してもらっていたんだな。

 

そうやって無意識に、循環させてもらっていたのですね。

循環って自然のサイクルだから、

自然の中でしか行えないのだと思いました。

 

だから植物の力ってすごい!と思うし

自然って偉大!その循環のサイクルから離れない!って思います。

 

書いていてどんどん気づいてきて・・

本当に本当に、ありがとうの気持ちでいっぱいになりました。

 

 

 

ちなみに、青もみじの木陰がかなり好きです。

 

青々と瑞々しい葉が折り重なったところに、

初夏の太陽が通り抜けてその葉を輝かせ

優しい明と暗をつくる木漏れ日の中を

サーっと清浄な風が吹き抜ける。

 

そういった一連の、自然の美しさが好き。

 

神社仏閣には必ずあるので心ときめきます。

 

きっと、青もみじが生み出す清浄な風が

場と人の心の澱を、洗い流してくれるのでしょう。

 

今日もたくさんの緑に感謝。

 

 

鹿児島の霧島神宮の青もみじ。石段に映る木漏れ日。

とてもよかとこでしたよ。

周辺の、天孫降臨の話も興味深いです。

 

 

森の中の避暑地



かわいらしい花が迎えてくれました。

バラ以外にも、木々の緑やとりどりの花がたくさん!

 

 

先週のバラ園はまだ2割程の開花状況ということで

来園者が少なく、の〜んびり過ごした一日でした。

 

 

 

出店ブースは大きな木のあるスペースに。

 

 

この日は真夏の予行演習のような陽気で朝から暑い暑い。

わたしは早くもノー スリーブでした。

 

 

でも目に映るのは

 

新芽の淡い緑、陽の光で透き通る黄色い緑、

葉の重なった場所の濃い緑、遠くの日陰の暗い緑

ハーブかな?の青みがかった緑

 

たくさんの緑の色が溢れて

ずーーっと見ていても飽きることのない心地の良い景色でした。

 

 

もりもりの緑。

 

 

バラの開花最盛期になると、一日に5〜600人が来園されると聞きました(!)

 

今日見た景色とは全然違う、人、人、人・・で溢れているのでしょうね。

 

わたしは人が多い所よりも緑が多い所が居心地が良いのでぴったりでした。

 

バラを楽しみに来るのもいいいですが

閑散期に緑の避暑地として、のんび〜りを満喫しにくるのも乙なものだと感じました◎

 

これはもう、本当におすすめ。

この日に参加できたことを幸運に思います!

 

 

 

小腹が空いて、いそいそと隣の出店者さんのブースへ行くと

青パパイヤのサラダが♪

 

最近は道の駅でも見かけるようになりましたが、千葉は今は時期じゃないみたいですね。

これは沖縄の青パパイヤが手に入ったということでした。嬉しい^^

 

 

やっぱり暑い〜。

さっぱりしたものが飲みたいなと思ったら、

ノンアルコールのモヒートを◎

ミントが爽やかで最高です。

 

本格的にお腹が空いて、ガパオライスを頂き

午後はHUGさんのコーヒーとチョコパンでおやつタイム。

 

 

 

ご褒美みたいな一日。

 

 

木々の間をすり抜けて来た風が

肌に当たる感触が、何度何度も気持ちが良かったです。

 

感じる暑さ

目には溢れる緑

チチチチチと、鳥の声

ほのかに香るバラ

そして美味しい食べ物

 

五感が自然なもので満たされました。

 

 

感謝の気持ち



まだヨガに出会う前の10代のころ

 

わたしはとても傲慢で、過剰な自意識を持て余し、いつも緊張していて

状況に対しては不平不満ばかりで、怒りに満ちていました。

 

この心が苦しくて苦しくて辛いのに

でも自分の中のことだから、どこへ逃げたとしても離れられない。

 

どうしたら楽になれるのかを探す日々でした。

 

 

 

怒りに満ちて、周囲にも反発することが多い中で

「この人は凄い人だなぁ」と素直に感じられる人がいました。

 

その人は高い立場にいる人だけど

いつも頭を下げて目の前の人を敬い

心を込めた挨拶をして

励ましの言葉をかけていかれるのでした。

 

偉そうな人はたくさんいるけれど、

本当に偉い人というのはこういう人のことなんだと思いました。

見ていて心が晴れ晴れとする感覚がありました。

 

どうしたらこの様な心持になれるんだろう?

 

あるとき誰かが質問をして

「どうしてそのような振る舞いができるのですか?」

 

「うーん。私はより深く感謝を感じるからだと思います。」

 

その言葉を聞いたときに、自分の目の前を圧迫していた壁が崩れ落ちるのを見ました。

ガラガラと音を立てて、砂煙ののちに

あ、空が見えた・・

 

自分でもびっくりするくらいの大粒の涙が

ボロボロと溢れ出て、そして気づくことができました。

 

わたしに無かったのは感謝できる心だったんだ。。

 

与えられたものや、在るものには、当然だと傲慢に振る舞い

無いものについては、不平不満と怒りをぶつけていた。。

 

探していた答えが1つ見つかった安堵感と浄化の涙は

心と体のつかえが取れて、とても気持ちの良いものでした。

 

 

しかも感謝には、深さがあるそうだ。

感謝の深い人は人間が深いんだなぁ。

 

感謝の凄さを教わった10代の出来事でした。

 

 

 

先月30日で退位された、上皇さま上皇后さま。

画面で拝見するお姿からも同じことを感じていました。

 

 

天皇陛下としての最後の言葉

 

「天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは幸せなことでした。

象徴としての私を受け入れ支えてくれた国民に、心から感謝します。

 

明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、

ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。」

 

 

わたし・・何もしていないですが、、

感謝を頂き、涙が出ていました。

 

権威、制度、地位、立場にではなく

人としての心の深さに、自然と尊敬の気持ちを抱くのだと思います。

 

 

そして多くの人の苦しみを見て、感じてきた方たちの

深い祈りの力のお蔭で、なんとか今日保ってこられたのだと感じました。

祈りに、守られていたんだ。

 

本当に、ありがとうございました。

 

 

その時代を生きた人たちが少なくなる中で

自分たちが「どうしたいのか」の意図を強めて

当たり前の日常を保つ祈りに変えたいと思いました。

 

 

 

 

 

ご報告



 

お久しぶりのブログです。

 

本日、パンダを捕獲しました。

 

 

毎日、嬉しいできごと、感じること、気づくことがあり

書きたいことは色々あるのですが

追いつきません。

 

 

相変わらずの独り言ですが

おいおい書いていくので、よろしければご覧ください。

 

 

取り急ぎ、パンダ捕獲のご報告でした。

 

 

よりよく生きたい人の場。こんなときに、あったらいいなと想う



昨年、上海で購入できた蓋椀です。

他に茶壺も購入できました。

美味しくいれる練習をしています。

 

 

 

ヨガの後、みなさんとお話しすることが愉しいです。

 

わたしは、「よりよく生きたい」気持ちがあるので

自分に向き合うこと、向き合う時間を大切にしています。

 

同じように、「よりよく生きたい」人のために

自分のパターンから抜けるための、新たな視点を得るお手伝いをすることが大好きです。

 

気づきのある会話を通して

インスピレーションになることが、喜びです。

 

 

悩んでいることの話でも、気づきのある会話だから、

愚痴になることなくお話しできるし、

共感だけで盛り上がって終わる、

暗く嫌な気持ちで終わる、

 

ということがなくて

何かしらきっかけを得て頂けているようです。

 

 

そんなときに、中国茶とお菓子を食べながら

お話しできたらいいな♪と想いました。

 

美味しいお茶を飲みながら

お茶をさらに美味しくしてくれるお菓子を食べながら

 

ほっっっと

一息ついて

 

気づきのある会話をする。

インスピレーションに溢れた時間を過ごす。

 

気分を変えて

意識の向く方向を変えられたら

瞬間すぐに幸せな心地になれる◎

 

 

気づきとインスピレーションに溢れたヨガの場所。

 

ヨガの後、中国茶が飲める場所が必要ですね。

 

 

少年老いやすく



 

片づけをしていたら出てきた掛け軸。

 

習ったのは小学生でしょうか?

 

ああ、耳が・・痛い・・・

じゃなくて目が痛い?・・

胸が痛い・・・

 

図星。急所を突かれております。

 

あまりの正論にぐうの音もでません。

 

 

でも、此処で会ったのも何かの縁

叱咤激励してくれるコーチとして、

床の間では無いですが、部屋に掛けてみることにしました。

 

この一年、これで機敏に動けるかな?

どうぞよろしくお願いいたします。。

 

 

少年老い易く 学成り難し

 

一寸の光陰 軽んずべからず

 

今だ覚めず池塘 春草の夢

 

階前の梧葉 すでに秋声

 

 

若いうちはまだ先があると思っているが、あっという間に年をとり

なかなか学問は完成しにくい。

 

だから、少しの時間でも軽々しく過ごしてはならない。

 

池の堤の若草の上でまどろんだ春の日の夢が覚めないうちに

 

階段の前の青桐の葉には、もう秋風の音が聞こえ始めている

 

月日は速やかに過ぎ去ってしまうものである。

 

 

以上、おさらいしました。

 

ちなみに、わたしはいつも

春草の上でまどろんでいる気がします・・

 

 

先日 チコちゃんが

あっという間に時間が過ぎると感じるのは

人生にときめきが無くなったからだ

と、言っていました。

 

急所を突いてきます。

 

 

でもまだ3月◎

今年もたくさん、ときめこう◎

たくさん経験して

たくさん感動しよう。

 

 

自分のことが良く分かると、自分を大切にできる



月に一度、施設さんでヨガをさせて頂いているのですが

今年2月で4年目に入りました◎

 

こうして続けられていることに、自分でも

凄いなぁ、有難いなぁとしみじみ感じ入ります。

人との繋がりに感謝です。

 

 

こちらの施設さんは今年に入ってお引越しをされ

とても日当たりの良い一軒家になりました。

そこの2階でヨガをしたのですが、ぽかぽかで本当に気持ち良くできました。

 

 

ヨガをする場所が今までと変わったことで、

利用者さんが慣れずに少し戸惑い、始まってしばらくして

「今日はやめておきます」と退出される方がいました。

 

 

その方が終わってから伝えてくれたのが、

 

「今日は初めての場所で少し緊張したから、お休みしました。

今までは先生が窓側にいて、見える景色が明るくて良かったと思う。

今日は窓側にいなかったので、景色が暗くて気分が鬱っぽくなりました。

だから今日はちょっとお休みにしました。」

 

そう伝えてくれました。

 

自分のことが良く分かっていて凄い。と思いました。

 

感じたことを無かったことにせず、それでいて人や環境を責めず

自分の感じたことを認めて、静かに伝えて、お休みする選択をされたこと。

ほんとうに・・尊敬します。

 

自分を大切にしている姿は、一緒に居て気持ちがいいですね。

 

 

 

わたしは昔から変なところで我慢をする傾向にあり、

我慢した結果、変なところで爆発するという・・

誰にとってもいいこと無しのループにはまっていました。

 

感覚を無視すると、全くいいこと無しです。

 

 

ヨガを始めてから、

・自分の感覚に素直になる

・ネガティブとされる感覚や感情も、ちゃんと認めて受け入れる

・できるできない、良い悪い、正しい間違い、の二極でジャッジしない

・今ここの、そのまんまの自分を肯定する

 

という、自分を大切にする練習を重ねて随分と楽になりました。

 

 

 

皆さんはヨガクラスに参加した時に、何を練習されていますか?

ほとんどの方が、「アーサナ、ポーズ」と答えるかもしれません。

 

でもわたし、ちょっと違ったんです。

 

ヨガスタジオでのレッスン中に練習していたのは

 

・自分の感覚に素直になる

・ネガティブとされる感覚や感情も、ちゃんと認めて受け入れる

・できるできない、良い悪い、正しい間違い、の二極でジャッジしない

・自分の心に優越感や劣等感が生じていないかを観察する

・今ここの、そのまんまの自分を肯定する

 

という練習をしていました。

アーサナよりも、心の練習。

 

体を使って訪れる経験(アーサナ)により、

自分の心が動く様子を観察し、

自分を縛る心の癖を開放するために

アーサナの練習をしていました。

 

ヨガではそれが叶うから、

ヨガでなければならない理由がそこにありました。

 

 

どんな練習をするかは、人それぞれで良いと思っています。

 

 

その人が、求めるものが得られるようになっているのだと思います。

 

自分がどうなりたいのか、

どうしたいのか

 

自分のことが良く分かると、

それが得られるのだと思います。

 

 

月餅 わたしのベスト・スイーツ



たくさんのお月様♪

 

 

裕子さんの作る蘇州式月餅を、初めて食べたときに感じた

驚きと出会えた喜び、そして感動したことは、

いつまでも忘れられない。

 

すごい!

大好きなお菓子に出会えた!

 

余計なものが入っていないから

余計な味がしない

自然で、素朴で

正直で、飾らず

洗練されて、美しく

朗らかで、笑顔

 

あれれ?

お菓子を形容する言葉からは、ずれてきちゃいましたが

 

そう、こんな人に出会ったら大好きになっちゃうな!

という感覚と同じ、中華菓子なのです。

 

 

そんなお菓子に出会えただけでも

この世の幸運を一身に味わっている感覚なのに

 

教えてもらいながら一緒に作らせてもらい(!!)

もう喜びでいっぱいなのに

 

先日・・

始めから最後まで、一人で作れるようになりました・・涙

それが上の写真です。

 

師匠に合格点を頂くことができました。

嬉しいです。感激です。

 

 

大好きなのもに出会えただけでも喜び。

 

それに触れている時間を過ごせることが喜び。

 

でもまさか一人で作れるところまでこられるなんて

もう信じられない喜び。

 

裕子さんに出会えた幸運にも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

中華菓子は中国茶と一緒にいただくことで

味の相乗効果を生み、これまた格別な味に出会うことができました。

 

 

菓子職人になりたい、販売したいなどの目的はなく

その先に何があるのかなんて考えず

素敵なものに出会えた!大好きなものに出会えた!

その喜びだけでやっていたことだけど、

 

中国茶とお菓子を出せる、ヨガスタジオっていいですね。

 

 

お知らせです



 

今日は風の強い日でしたね。

 

ちょこっと暖かくなったのを感じ、天気も晴れて青空だと

わーい!春だ♪身軽にお散歩しよっ♪なんて外に出ても

実際の空気はかなり冷たいのですよね。

びっくりしますね。。

 

陽の光も輝いて、こんなに眩しいのに、、

寒いよ!!

 

 

皆さま、油断なりませぬ。

日々、自然に試されています。

 

頭の思い込みで判断していない?

ちゃんと五感で感じて、ちゃーんと観察してる??

と。

 

世界は色々なサインで溢れている。

 

五感で感じて、適切にご自愛くださいませ。

 

 

********************

 

 

今年の春分の日は3月21日ですね。

春分の日は占星術での一年の始まり、宇宙の元旦。

 

そういえば10年くらい前ですが、占星術師の元で勉強していた時期があります。

基本的な事までは何とかなったけど、難しすぎて途中で辞めちゃいました。

でも、月や星や宇宙はやっぱり大好きです。

 

 

3月20日から29日まで、瞑想コースに行って参ります。

その間のクラスがお休みになりご迷惑をお掛けします。

 

当初はこのコース、受ける予定ではなかったのですが

日が近づくにつれて行きたくなり、ダメ元でキャンセル待ちをしていたら、OKの連絡がきました。

有難いです。

 

2月の終わりのコースに少し座りに行かせてもらったのですが、

用意していただいた席に着いたときに

 

「やっぱりここは良いなぁ。好きだなぁ。」

と、しみじみと感じたのです。

 

初めて感じました。

 

ほっっと、肩の力が抜けてリラックスした感じ。

こんなにリラックスして座るのは初めてでした。

 

次のコースはこんな風にリラックスして座れるのかな。

それとも前回11月のテーマの続きかな。。。

 

どうなるかはお楽しみ。

 

 

インドの人・人・人々



お月様が奇麗ですね〜

明日が満月ですね〇

 

ちょうど月の通り道に窓があるので

東から上がってくる月を愛で、天頂の月明りで月光浴をしています。

 

 

 

先日インドのハーブパウダーが届き、入っていたインドの新聞を見ていたら

 

 

人、人、人、人

 

 

人が多い

 

 

載っている写真全部、人が多い

 

 

インドだね〜と、見ていて面白かったです。