Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Links

Recent Comment

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

自然とともにクリエイティブである。畑が凄いことになっていた



 

皆さん、コレは何だと思われますか??

 

コレと言われても、どれだか分からないくらいに、「緑」ですが。

良く見ると、中心に何か在りますね。

 

 

何年か振りに、父の畑(父がこよなく愛する遊び場)へ

行ってみたのですね。

 

そうしたら、何だか凄いことになっていてちょっと感動したんです。

特にコレ。

 

日陰を好む植物のために庇を作ってあったのですが

何とも大胆に、土に生えてる竹をそのまましならせて枠に縛り付けてあるのです。

写真、分かりづらいかなぁ。。

 

 

正面から見るとこんな感じ。

 

 

見ていると可笑しくなっちゃうのですが

ありきたりで画一的な物しかなくなった昨今の生活の場で

こんな面白み満載のネイチャーな物体を目の当たりにするとは。

そしてコレが父作であるとは。

 

色々相まって、わくわく感動しました。

 

 

 

 

そしてもう一つ、

美しいなと感じたのが畑での竹の使い方です。

 

竹は、ざるや籠、箸など生活の中でも美しい道具がありますが

畑でも、道具としての力を発揮しながら

日本の美意識が表現されていたように感じます。

 

 

いつの時代か?!という雰囲気もツボでした。

 

ミニ・ハウスでは、種から芽を出した茄子の苗が生育中。

 

 

 

ピーマンのところの竹は、「あやとり」みたい。

 

 

 

ミニトマトの支柱も竹。

 

 

 

風に吹かれたモジャモジャはアスパラガスですが

こちらも竹でしっかりと守られていました。

 

 

ビニールやプラスチックは極力使わず

何でも買えば簡単だけどそれでは面白みが無いと

その場所にある自然の物を上手に活かす技が凄い。

 

父のクリエイティブな田舎力、万歳!

 

 

 

 

皆のおかげ♪ 出会うべくして出会い、語るべくして語る



以前に、『 理想の世界は創れる 』でも書きましたが

今日もね、この時を共有するべくして集まった人たちが

それぞれの良さをナチュラルに発揮しているだけで

誰かの勇気と励ましになっちゃう・・・

そんな奇跡みたいなことが、普通に起きていました。

 

今日ここにいらっしゃらなかった方たちとも

いつもその日その時その場所での最善のことが起きていますね^^

 

 

ただただ自分で在るだけで、誰かの癒しと希望になる。

 

みんな自然な自分で在りたいですよね。

それがこんがらがって難しくなっているのを

ヨガでほどいて簡単にしていく感じ。

 

今、辰巳ヨガの皆さんがそれを体現してくれています。

 


ヨガを伝えることって、クラスをすることだけではないです。

その人の在り方で伝わるのが最も素晴らしいことだと思います。

 

辰巳ヨガの皆さんの、凛として温かく清々しい佇まいに、周りの方々が引き寄せられ

自然とヨガ仲間の輪が広がっているようです。

 

辰巳ヨガの皆さんは、いつの間にかすっかり

ヨガを伝える人になっていました!

 

わぁ、なんて嬉しいことでしょう。

 

個別のエピソードもとっても素晴らしいので

今度書きたいと思います。

 

 

 

全く話は違うのですが、またまた創作中です♪

 

こういうことしていると愉しくて楽しくて!

 

ポストカードもまた作りたいー

 

学び



18日は久しぶりに骨董市へ。

宝さがしみたいで好きなんです。

 

高橋家で素敵なアンティークを見せてもらうだけでなく

普段から使うことができているので

道具選びもスムーズでした。

 

とにかく良く歩いたな〜。

色々なものを見るというお勉強をしてきました。

 

 

その後は、中国茶のお店へ。

4月から始まるお教室が楽しみですが

まだ何も分からないままで行ってみました。

 

そして何も分からないことを再認識したのですが

何が分からないかをその場で体感とともに理解して良かったです。

 

お茶探しで、知識で選べないときは好みの感覚頼りです。

なんだか分からないままでも、奇跡的にとーっとも好みのお茶を購入できました。

 

「このお茶が好き」という感覚の部分を、

特徴から理論的に理解することができたら

どこに行っても美味しいお茶が自分で選べるだろうと

今から楽しみです。

 

 

次は点心のお勉強に♪

小籠包と野菜の蒸し餃子、大根餅と豆鼓の蒸し物、あんこの饅頭

ペロッと平らげてきました。

 

点心クラスも4月から始まります。

まだまだ良く分からないので、これから何件も行かなきゃですね♪

 

点心師?の作る様子を見学してきましたけど、均一で速い。

 

中国ではお姉さんたちが、お喋りしながら手元なんて見ずに

ポイポイ作ってたようですが、ここでは男子が黙々と作っていました。

 

 

学びは 愉しくて、美味しい。

 

 

  **********************************

 

 

もともと、資格を取って仕事にしようとか、お店を開こうとか

学びの先に、それを利用して何かしようとの考えは全くなくて

 

「知りたいから学ぶ」「好きだから学ぶ」ただそれでしかありません。

 

 

あくまでわたしの場合ですが・・

仕事ありきで学ぶってなくて、好奇心と探求心だけ。

 

それだけで追及していたら、人の役にも立ち始めるくらいになり

その方たちからの「ありがとう」の気持ちをいただいている。

そして、こちらこそ ありがとうございます。

なのです。

 

死ぬまでずっと、好奇心と探求心で自己の学びを深めたい♪

 

学びの種類や手段は色々かもしれないけれど

学びから得たいのは、「自分を知ること」だけです。

そして自然の法則と調和して、より良く生きる。

 

そんなことがとっても楽しい!

 

学ぶ = 感性を磨く

 

練習 = 身体感覚を磨く

 

わたしにとっては、こんな感じです。

 

 

のんびり万歳



今日はヨガの後の芳泉茶寮がお休みでした。

 

ランチに

ベジタリアン麻婆豆腐とスープを作り

お茶をして

ちょこっと英語の勉強をして

ちょこっと春散歩。

 

 

透き通るような青空に河津桜。

 

 

もぞもぞ・・天道虫みつけた。

 

 

春を採取。

 

なんでもない一日が、幸せ。

 

 

帰宅して

イベントで出した裕子さんのパイを作ってみる。

どうしてもどうして食べたくて!

これは立派な原動力です。

 

田中さんに教わったレシピで柚餅子を作ってみる。

田中さん、ありがとうございます♪

(スーパーで白玉粉が売り切れていたのは田中さんの影響力に違いない!)

 

夜はオイルマッサージをして、只今ヘナでセルフケア中。

 

以上、何でもない一日に、心が満ち足りた記録でした。

 

 

明日はパイナップルケーキ作り。

 

水曜アカデミーの最終日。

何かお話しできるかなぁ。

うーん、、自然な流れにお任せしようと思います。

 

3月の風



朝、窓を開けると

「今日という日は昨日の続きではない」と

はっきりと肌で感じさせてくれる柔らかな感触の風を、顔に受けました。

 

昨日までのことは終わり。

今日から始まり。

ただ、なんとなく、の感覚。

 

 

今日は月が満ちる一日前の日。

 

 

夕方のヨガクラス。

 

振り向くとまだ明るさの残る空に、白い月。

トレーシングペーパーに描いたように

ほとんど空の色と同化しながらも

少しずつ存在を強めている様子でした。

 

 

 

ヨガクラスが終わるころ。

 

皆が口々に「月がキレイ」とつぶやくくらいに

輝きを放っていました。

 

手前の森がまた美しいです。

 

 

 

 

ブログのタイトルを見て、大好きな曲を思い出しました。

ああ、そうだ、3月だ。

 

「águas de março 3月の水」アントニオ・カルロス・ジョビン

 

この世にある歌の中で、きっと、一番好きです。

初めて歌詞を見たときに衝撃を受けました。

 

これはそのままこの世界を書き出している

この世界のただありのままと、そこに生きること。

 

最近それを「自然界における神々の偏在」と評した言葉が耳に残り

心にメモしました。

 

ぜひ歌詞を読んでみてください^^

 

 

 

日本語で歌ってみたいなぁと思っても、とても難しそうと感じていました。

 

教えてもらったのですが、

ボサノバは詩の朗読なのですって。

 

これを聞いてとても納得しました。

3月の水がまさにそうだと。

詩の朗読は好きです。

 

芳泉茶寮でのボサノバLIVEで演奏して欲しいなぁ。

 

 

確か昔に同じような記事を書いた気がすると検索したら、ありました。

2011.04.20 what a wonderful world

 

皆が色々と感じていた、2011年の春。

 

期せずして、昔の記事にたどり着き

今、あの時の気持ちと同じところに戻ってきたなぁと

再出発を前に思うのでした。

 

今日もとてもいい一日だったなぁ。

ありがとうございました。

 

 

理想の世界は創れる



 

すっかり新年が明けましたが、あらためまして

明けましておめでとうございます。

 

新年早々パソコンがフリーズしてしまい、わたしも固まってしまいました。

そ、そんな、嘘でしょうー。

 

そんな時に「寒すぎるところに置いて使っているからでは?」

というアドバイスがぴしゃりとハマりまして、

温かいところでの〜んびりとバカンスしてもらったら

なんと今日、動き出してくれました。

人間もパソコンも同じなのですね。

 

 

わたしのヨガクラスは 南の島みたいに

冬の天気の良い日の窓際みたいに

ぽかぽかで温かいです。

 

ヨガクラスには


心を大切にする人

暮らしを愉しむ人

美しいものが好きな人

美味しいものが好きな人


が集まります。

 

そんな素敵な仲間たちと過ごす時間は

心がほくほく温まります。

 

 

昨年12月のヨガの後

2018はどうなりそうですか?

そんな予兆をみなさんにお聞きしました。

 

一人が話す度にその場にいるみんなが

素晴らしいことを素直に素晴らしいと伝え

頑張ったことを称え、励まし

その人の想いが現実となることを応援していました。


なんて温かいのだろう。

 

それを見たときに、自分の夢が叶っていることに気がつきました。

 

昔からこういう世界を創りたいと夢見ていました。


私が一番よ という優越感や

私なんて… という劣等感のない

競争やマウンティングのない

自分もOKで相手もOK

お互いを讃えあえる関係



そうじゃない世界で理想と現実のギャップに不平不満ばかり言っていた頃

じゃあ理想の世界は自分で創ると思ったことが現実になっていた時間でした。

 

優しい世界で生きたい。

だから自分で創る。

 

それは、安心を感じられる世界。

だから心身共に深〜くリラックスして

自然と素直な自分でいられる世界。


ヨガでなら、創れると思いました。

ヨガの先生になった理由の一つでもあります。

 

 

こういう仲間に大人になって出会うこと

なかなか無いと思うのです。

 

 

この素晴らしい光景を見たときに

大きな〇マルをもらった気がしました。

 

この時間の幸せを噛みしめ、密かに感激していました。

 

2018年も良い仲間と過ごす時間を大切にしていきます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

ちょっと前のこと、最近のこと、徒然



 

朝ヨガの後、マットを広げたままでいたら、何かが乗っている。

 

 

こんなに近づいても逃げないのね、バッタさん。

一人で居ても、一人じゃないくらいに賑やかに、たくさんの命が傍に居ます。

ごくごく自然に話しかけてしまいます。

 

しばらくしてまた見に行くと、もう姿を消していました。

 

 

 

3垓瓩のバジルが届きました。

フレッシュで力強い生命力の香りがしていました!

なんか、、、興奮!!

 

受け取ってすぐに、信さんとチームになってバジルソース作り。

収穫してすぐの生命力満タンのままソースにできたことがとても嬉しくて

もらった命を最大限に活かせたかな、とちょっと安心したのでした。

 

 

 

頑張ったあとは、こんなに美味しいご褒美が♪

山盛りだったのに、まさかのゼロになりました。

お茶の時間が幸せです〜

 

 

 

先日は中秋の名月でしたね。

もう一つ、美味しい月に出合うことが出来ました。

「蘇州式月餅」

月餅と言えば、派手でコテコテな味の広東式しか知らなくて、苦手でしたが

裕子さんの作るこの蘇州式月餅が、、、美味しくて、大好き!!

 

緑豆の優しい餡にサクサクなパイ生地。

試作の時から虜になり、この日を心待ちにしていました。

 

月餅の起源は中秋節のお供え物だったのですね。初めて知りました。

中秋の頃しか出会えないなんて辛すぎる。。

修行して作れるようになりたい味に、また出会ってしまった。

 

 

そういえば!

裕子さんと信さんに食べてもらい、無事、水餃子の合格点を頂きました✨

後はブラッシュアップするべく、練習を続けます。

 

最近、ヨガブログでは無くなってきております。

 

 

 

水曜日の朝、信さんが頑張って竈でご飯を炊いてくれました。

美味しいだろうとは思っていたけれど、やっぱり体感するって違いますね

食べたことのない美味しさでした!!

 

日本昔話でお茶碗に盛られたこんもりご飯を見て

「いくらなんでも、そんなにいける??ま、漫画だからね」と懐疑的に見ていた子供でしたが

結論、ご飯だけで、いけます。もりもり、いけます。ぜんぜん別物。

自分でもびっくりの、3杯ぺろりといただきました。

 

昔の人はこんなに美味しくお米を食べていたのね。

このご飯を食べて、また仕事頑張るぞって言っていたのかな。

朝に一升炊いて、夜まで食べたのかな。

子供も多くて大家族だから、一日でなくなるよね。

今こんなにおかわりしているけど、昔はお腹いっぱいなんて食べられないよね。

 

昔の人と心を通わせることができて嬉しい。

 

子供は正直だから、このご飯を食べたら炊飯器のご飯食べないとか言い出しそう。

家に竈作るしかないよね。集合住宅では難しいね。

一階部分に住人用の共同竈を作ればいいのだよ。

おばあちゃんが炊いてくれて、皆で御櫃を持って集まってくる。

新しい未来のカタチ✨

 

こんなに美味しいご飯には、こってりオカズは必要なし。

ご飯の味を堪能したいから!

 

そんなことを話しながらの朝ご飯でした。

 

ヨガと竈ご飯を食べる会をしてほしい。

皆にも食べてもらいたい〜と思いました!

 

 

【追記あり】お守りポプリ



 

先週 よっちゃんにラベンダーのポプリを頂きました。

とっても良い香り♪

 

6月に行われたラベンダー摘みに行けなくて残念でしたが

その時のラベンダーをプレゼントしてもらえました。

 

このポプリはリボンを二つ折りして作られていて、ステキなアイデアですね。

 

よっちゃんとお揃いだそうで、さらに嬉しい!

いつものカゴバッグに入れてます。

 

 

 

そうしたら翌日なんと、矢島さんからもラベンダーのポプリを頂きました♪

こちらは、小さな可愛らしいハート♡

 

同じく6月のラベンダー摘みのラベンダーで作ったものだそう。

ミニミニなのが愛らしい。

リップなどのポーチに入れています。

 

二人の方から頂いた手作りポプリ。

 

優しい気持ちがこもった御守りです。

 

 

【 8月23日 追記】

またまた目の痛みでデジタルデトックス中です。。

少し良くなってきたので書いてみます。

 

お守りポプリをもう一つ頂いていたので、ここに書きたいと思っていました。

ブログを見て作ってくださったようで、しかも私が大切にしている巾着のデザインを取り入れてくれていて

とても嬉しかったです!さよ子さん、ありがとうございます。

 

 

「いくつも貰っているから、お母さんにあげて。」

とのことでしたが、母には庭のラベンダーがたくさんあるので

わたしが頂いちゃいました^^

 

 

【今 に意識をおく練習・幸せ感度を磨く】花屋さんでする自分との対話



 

まだ蕾のころの写真。

芍薬も本当にいい香りですね。

でも前回の赤い色の香りの方が好みです。

peony 爽やかな甘い香りと、丸くふわふわな姿が好きです。

 

花がそこにあると、本当に幸せ。

 

 

 

毎週、花を買いに行くことが楽しみです。

 

今日はどんな花に出合うかな。

季節の移ろいとともに変化していく花。

後戻りできないから、一期一会を強く実感します。

 

切り花は特に、『今』というこの時を感じさせてくれます。

いのちはだいたい一週間くらい。

その中で、美しさと生命力の盛りの時から、いのちが変化していく

そのエネルギーの変化を感じます。

 

 

過去でもない、未来でもない、『今』に意識をおく。

 

そんな練習を植物からさせてもらっています。

 

 

 

 

花を選ぶときにする大切なこと。

それは自分と対話をすること。

 

ヨガの練習でお馴染みの、『自分を観察する・感覚を感じる』をします。

 

 

『今のわたしの感覚は何を選ぶのか』

自分の好き・惹かれる・わくわくする・気分が上がる 感覚を大切にします。

 

思考にお喋りをさせず、直感や感覚を磨き、自分と強く繋がる練習です。

ヨガの練習は、日常生活でもおなじようにできます。

 

 

 

 

脳は時に、巧みにウソをつきます。

本当の願いや望みとは違う、思考のお喋りを始めます。

 

それはリスク回避のための自己防衛なのだけど。

嫌な思いをしないように、傷つかないように、

悲しい思いをしないように、損をしないように、、、

 

でもそれでは本当の望みを無視しているから

いつも満たされない、ぽっかりと穴の開いた虚しさを感じることになります。

 

 

自分で自分にウソをつかないことを、ヨガの練習とともに

日常の小さなことから始めてみると、幸せを感じるセンサーが蘇ります。

 

わたしにとっての花選びは、幸せ感度を磨く時間です。

 

 

バラとJAZZと中国茶



5月はバラの季節ですが、咲き誇るまでには一週間ほど早いようですね。

モッコウバラはあっという間に終わりましたが!

 

 

今日はバラ園にてJAZZ LIVEがあり、中国茶とお菓子を出すお手伝いに行ってきました。

空が張り切ってくれて、暑い暑い!

 

奥の東屋でリハーサル中

 

屋外で聞く生楽器の音色はまたいいですね。

場所によって音の響きに違いがあるのが面白かったです。

ギターの人の黄色いハーフパンツが眩しかった。

 

バラはまだ蕾とのことで、草花たちが主役でした

 

 

コレはなんの木だろう

 

 

 

販売ブースの東屋で、まったりのんびりティータイムをしていると

日本じゃないみたいな時間と空気が流れているようで・・

 

例えば暑い日差しのスペインの昼下がりとかラテンのノリの

焦ってもしょうがないでしょう〜

今を感じて楽しもうよ

というような

 

馬鹿真面目なわたしが迷い込んだ

不思議な日曜の昼下がりでした。