Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Links

Selected Entries

Recent Comment

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

Slow Life は心の状態



朝ヨガが終わりました。

 

東側に山があるので、陽の光が届くのが日の出からしばらくたってからなのですが

夏の暑い日にはそれはありがたいです。

 

冬の寒い日には陽の光が待ち遠しくてならないのですが。

 

毎朝、竈のある下屋から陽が届き始めます。

昔の生活みたいに朝から竈でご飯を炊いて支度をするなら

朝一番に明るくなるこの場所はぴったりです。

 

 

今のところ竈は二升炊きくらいで使っているので

3人暮らしの日々の生活ではまだ使えていません。

 

田舎でのんびり Slow Life. ですが、基盤作りにまだまだ忙しく働いています。

例えば季節ごとの実りを、地域のあの方からどの位預かると、

どの位の作業量で、どの位の量ができるのか。

商品化に可能かどうか。

 

やってみないと分からないので、実際に体を動かし手を動かしながら検証中です。

季節はあっという間に巡るので、次こうしてみようはまた来年。

その間に企画イベントがあり、マーケットへの出店があり、来客があり。

 

でも心の中や頭は落ち着いていて、気忙しさがありません。

 

忙しいと気持ちばかりが先走り、無駄に小走りなど多動になり

呼吸が浅くなってさらに落ち着かなくなり、

浅い呼吸のまま喋ると早口で強い口調になり、

周りが委縮して良い循環が生まれなくなる環境をつくり

悪循環に自らが落ち込む。

 

実際にどこにでもあることだと思います。

 

でもこれが当たり前じゃない、これが普通なのではなく

もっと楽に落ち着きながら手早く仕事ができることを

裕子さんや宮さん夫妻から学びました。

 

平常心。淡々と穏やかに。笑いが多め。

ゆっくり動くのに、さばく仕事量が多い。

集中力が高いのでぼーっとしていない。

 

わたしの実体験から

まず「気持ちが先走っていること」に気が付くようにします。

 

ここに気が付かずに、気忙しさやネガティビティを外に垂れ流している場合が多いです。

まず、気づくことから◎

 

日常でも呼吸や体の感覚を観察する癖をつけていきます。

外に向いていた意識を自分の呼吸に向けます。

 

息が止まっている、肺の上部で浅い呼吸を何度も繰り返す

そんな時は息苦しく、体もストレスを感じていて

居心地が悪い感覚を絶対に感じているはずなんです。

 

その感覚に気が付けるように。

そして一呼吸、ふーーーーーーっと深い息を吐けるように。

一度体の力みを解いて、先走っていた気持ちを

「今、ここ」に戻します。

 

全ては「今」にしかなく、「今」しか存在しません。

先走った気持ちのその場所には何もないのです。

 

一瞬一瞬の「今」に気持ちを戻す訓練をしているのが、ヨガです◎

一緒に練習しましょうね^^

 

 

 

 

Comments
Post a comment








 
Trackbacks
Trackback URL for this entry