Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Links

Recent Comment

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

冬の季節の仕込みもの キムチ



ふんわりとして、美しい白菜。瑞々しくて美味しかった

 

 

我が家はみんなキムチが大好きです。

 

祖母が現地の方からキムチの作り方を教わり

よく作ってくれていたそうで、母も韓国の方から習って昔は作っていました。

 

最近は作ることもなくなっていたのですが

一昨年に高橋家のキムチに出合ってから、

乳酸菌が生きている本物のキムチが食べられると大喜びでした。

 

酸味のあるのが好きなのですが、熟成されるまで待てない!

直ぐになくなってしまうので、直ぐに食べる用と熟成させるようで購入して

熟成させる用は、高橋家に預かってもらっていました 笑

近くにあるとね、すぐ食べちゃうから^^

 

 

そしていよいよ今年は、自分でもキムチを漬けてみました。

 

昨年12月のレッスンにも参加し

先生の使っている材料を全部そろえて、準備万端。

 

 

そして白菜はなんと、矢部家の白菜です!

 

以前何度か野菜を頂いたのですが、

どれも丹精込めて作られていることが伝わる

美味しい野菜ばかりなのです。

 

キムチ初挑戦に矢部家の白菜を使わせえてもらえたら

大変だけど、頑張れる!

ちょっと上手くいかないことがあっても、美味しくなる!

 

矢部さんと一緒に作っている気分。

わたしの背中を押してくれました。

 

 

最後に一番外の葉でくるりとまとめることに感動

 

 

初回はやはり色々あり、心残りの部分のあるのですが

まずは自分でやってみたに◎

そしてやはり楽しかった。

 

発酵食品が大好きで、味噌や甘酒に続き

自分で仕込めるものがまた一つ増えました。

生きるチカラがアップしているかも。

 

 

両親は九州の自然の中で育ち

そのまた親たちは、家から何まで全て自分たちの手で作りだしてきた世代で

暮らしの中で、自然と繋がりながら自分の手から何かを生み出すことが普通の人たちです。

 

でもわたしの世代はもう、自然との繋がりが希薄になり、物が豊富にありすぎる中で

自然のサイクルの中で恵みを受け取り、手仕事をして暮らすまでのその流れが

分断されてしまいました。

 

でも一つに繋がっている感覚を取り戻したくて、

ヨガと自然サイクルと手仕事を合わせた暮らしをするようになりました。

 

全ては繋がっている。

分離から統合へ。

 

ヨガも暮らしも自然と一緒。

 

 

冬の季節の仕込みもの 柚子茶とマーマレードと塩レモン



皮を綺麗に剥いたところ。かわいい

 

 

年末、たくさんの柚子茶とマーマレードと塩レモンを仕込むことが出来ました。

 

芳泉茶寮では、次々と届く美味しいものを活かして、また美味しいものへと加工していく

その手際を見せてもらい、そのことが本当に勉強になり

今回自分で仕込むときの力となりました。

 

毎回ものすごい量なので、コレ本当に出来るのかしら?!と驚いていましたが

宮さんたちの早くて丁寧な仕事のお陰で、無駄にならずに終えられています。

 

高橋さん宮さんたちの、また違う仕事の仕方を間近で見させてもらうことで

のんびり過ぎるわたしも良いリズムで動けるようになってきました♪

本当に有難いです。

 

 

昨年は、枝豆、バジル、かりん、夏みかん、柚子、いちじく、しいたけ

これらを大量に扱うことで免疫がついていたのか

父が依頼主から頂いた、4圓困弔陵子や夏みかんを

わたしも無事に仕込むことが出来ました。

 

柚子茶とマーマレード

レモンは塩レモンに。

 

なんとも言えない達成感!

 

ご厚意で頂いた自然の恵みを(全て無農薬!)

悪くすることなく美味しいものにできた。

高橋家で学んだことは、直ぐに自分でやってみる!

 

量が多くて大変でしたが・・^^;

 

 

砂糖の種類を変えて作ってみました。

 

こちらは白砂糖で。やはり色が綺麗です。

柚子の色をそのまま楽しめます。

柚子のフレッシュな香りとほのかな苦みを良く感じることができます。

 

白砂糖は敬遠していましたが、食材や活かしたい特性によっては

使う方がいいのだなと、高橋家にいて感じました。

 

甘いものが欲しいときのお菓子の代わりに◎

一仕事終えたときの疲労回復に◎

 

小さいカップに一日一回までにしています。

 

 

左が、てんさい糖とはちみつ

右が、てんだい糖のみ

 

はちみつ入りは、柚子よりも蜂蜜の味や香りが立っていて

茶色い見た目も相まって、漢方薬のようです。

風の予防に効きそう、と思わせてくれます。

苦みも強め。

 

てんさい糖のみは、はちみつ入りよりもまろやかですが

てんさい糖の味が柚子のフレッシュな味を消してしまう気がします。

 

3つの味を比べられて面白いです。

 

 

マーマレードはスコーンやお菓子に。

塩レモンは料理のお助け役に。

あ、レモンはサラダや鍋に入れても美味しかったです。

 

 

大変だったけど、楽しかった♪

今年もまた12月に作りたいです。

 

 

理想の世界は創れる



 

すっかり新年が明けましたが、あらためまして

明けましておめでとうございます。

 

新年早々パソコンがフリーズしてしまい、わたしも固まってしまいました。

そ、そんな、嘘でしょうー。

 

そんな時に「寒すぎるところに置いて使っているからでは?」

というアドバイスがぴしゃりとハマりまして、

温かいところでの〜んびりとバカンスしてもらったら

なんと今日、動き出してくれました。

人間もパソコンも同じなのですね。

暖かいところへバカンス♡わたしも行きたいです!

 

 

でもね、わたしのヨガクラスが 南の島みたいに

冬の天気の良い日の窓際みたいに

ぽかぽかで温かいのです。

 

ヨガクラスには

心を大切にする人

暮らしを愉しむ人

美しいものが好きな人

美味しいものが好きな人

が集まると決めています♪

 

そんな素敵な仲間たちと過ごす時間は

心がほっこり温まります。

 

 

昨年12月のヨガの後

2018の目標は?ではなく

2018はどうなりそうですか?

そんな予兆をみなさんにお聞きしました。

 

一人が話す度にその場にいるみんなが

素晴らしいことを素直に素晴らしいと伝え

頑張ったことを称え、励まし

その人の予兆が現実となることを応援していました。

 

それを見たときに、自分の夢が叶ったーーーー!!!

と気づきました。

 

昔からこういう世界を創りたいと夢見ていました。

私が一番よ という優越感や

私なんて… という劣等感のない

競争やマウンティングのない

自分もOK相手もOKで

お互いを讃えあえる関係性。

 

そうじゃない世界で理想と現実のギャップに不平不満ばかり言っていた頃

じゃあ理想の世界は自分で創る!!っと思ったことが現実になっていた時間でした。

 

優しい世界で生きたい。

だから自分で創る。

 

ヨガでなら、そういう世界が創れると思ったのです。

ヨガの先生になった理由の一つでもあります!

 

 

こういう仲間に大人になって出会うこと

なかなか無いと思うのです。

 

 

この素晴らしい光景を見たときに

大きな〇マルをもらった気がしました。

 

この時間の幸せを噛みしめ、密かに感激していました。

 

2018年も良い仲間と過ごす時間を大切にしていきます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

ヨガって体操することだと思っていたけど、心を整えることだったのですね



 

少し前のことになりますが

基本のヨガの後、帰りが一緒になった方が

「ヨガを休むとダメですね、、、なんか違うんです」

と仰るのでお話を聞くと

 

「上手く言葉にできないけど、仕事で仕方なくヨガを休むと

心が落ち着かないというか、日常生活がなんか上手くいかない感じなんです。

 

一週間に一度だけど、心を整えに来る感じです。

一度リセットするような。

それが有るのと無いのでは、全然違います!

 

ヨガを始めるとき、体操をするものだと思って始めたけど違うんですね。

今は、心を整えるためのものなんだなと感じています。」

 

ヨガとは何か・・・なんてお話をしたわけでもないのに

クラスの中でちゃんと伝わっていたことに感動しました。

 

 

その後も、辰巳クラスの方が

 

「ヨガがこんなにも心と思考に効くとは思わなかった。

 

以前は、まだ起こってもいない先のことを自分の思考が生み出しては

そのことについて心配する、不安になる ということが止められなかったけど

それが無くなったことに自分で驚いています。」

 

その方は、初めとても忙しい感じがしていたのですが

今ではとても落ち着いた雰囲気に変わられて

優しさと柔らかさが滲み出ています。

 

本来の自分戻られたんだなぁという印象です。

 

 

 

 

物事がうまくいかないとき、人に対して否定的な考えが浮かぶとき

そんなとき、やることはただ一つ。

 

自分の心と体を整えるようにしています。

 

上手くいかない物事を、なんとか上手くいかせようと試行錯誤(努力)するのではなく

相手を変えようとしたり、自分を変えようと努力するでもなく

 

リラクゼーションで、体を回復させ 

心を観察し、ゼロに戻る。

 

いつもヨガでしていること。

 

正しい努力をしなさい

それは何もしない努力

 

生活の中で起こるあれこれに反応してジタバタするではなく

正しい努力は、心を観察し体を観察し、整えること。

 

 

ここのところ、そんなことをしみじみ感じ実践していたら

こんなシンクロニシティがありました。

 

木こりさんのお話し。

若い木こりがたくさんの木を切るぞ!と張り切っていました。

一日目は15本の木を切ることができました。

明日も頑張るぞと意気込んでいましたが、10本しか切ることができませんでした。

次の日は7本、その次の日は5本・・・

一生懸命に頑張っているのに、なぜ日に日に成果が出なくなるのか。。

そこで師匠に相談へ行くと

「斧はいつ磨いているのかい?」と聞かれ

「忙しいので磨いていません。」と答えると

「切れない斧でいくら頑張っても成果は出ないぞ。」

と言われたのでした。

 

というお話を聴いたのです。

 

斧を磨くは、わたしたちに置き換えると心と体を磨く(手入れする)こと。

心と体を整えていない状態でする努力では、成果を出すことができない。

歯車が嚙み合わない。

 

そういうことを何度も経験してきているので

何かあってもやることはただ一つ。

心と体を整えることです。

 

 

ちょっと前のこと、最近のこと、徒然



 

朝ヨガの後、マットを広げたままでいたら、何かが乗っている。

 

 

こんなに近づいても逃げないのね、バッタさん。

一人で居ても、一人じゃないくらいに賑やかに、たくさんの命が傍に居ます。

ごくごく自然に話しかけてしまいます。

 

しばらくしてまた見に行くと、もう姿を消していました。

 

 

 

3垓瓩のバジルが届きました。

フレッシュで力強い生命力の香りがしていました!

なんか、、、興奮!!

 

受け取ってすぐに、信さんとチームになってバジルソース作り。

収穫してすぐの生命力満タンのままソースにできたことがとても嬉しくて

もらった命を最大限に活かせたかな、とちょっと安心したのでした。

 

 

 

頑張ったあとは、こんなに美味しいご褒美が♪

山盛りだったのに、まさかのゼロになりました。

お茶の時間が幸せです〜

 

 

 

先日は中秋の名月でしたね。

もう一つ、美味しい月に出合うことが出来ました。

「蘇州式月餅」

月餅と言えば、派手でコテコテな味の広東式しか知らなくて、苦手でしたが

裕子さんの作るこの蘇州式月餅が、、、美味しくて、大好き!!

 

緑豆の優しい餡にサクサクなパイ生地。

試作の時から虜になり、この日を心待ちにしていました。

 

月餅の起源は中秋節のお供え物だったのですね。初めて知りました。

中秋の頃しか出会えないなんて辛すぎる。。

修行して作れるようになりたい味に、また出会ってしまった。

 

 

そういえば!

裕子さんと信さんに食べてもらい、無事、水餃子の合格点を頂きました✨

後はブラッシュアップするべく、練習を続けます。

 

最近、ヨガブログでは無くなってきております。

 

 

 

水曜日の朝、信さんが頑張って竈でご飯を炊いてくれました。

美味しいだろうとは思っていたけれど、やっぱり体感するって違いますね

食べたことのない美味しさでした!!

 

日本昔話でお茶碗に盛られたこんもりご飯を見て

「いくらなんでも、そんなにいける??ま、漫画だからね」と懐疑的に見ていた子供でしたが

結論、ご飯だけで、いけます。もりもり、いけます。ぜんぜん別物。

自分でもびっくりの、3杯ぺろりといただきました。

 

昔の人はこんなに美味しくお米を食べていたのね。

このご飯を食べて、また仕事頑張るぞって言っていたのかな。

朝に一升炊いて、夜まで食べたのかな。

子供も多くて大家族だから、一日でなくなるよね。

今こんなにおかわりしているけど、昔はお腹いっぱいなんて食べられないよね。

 

昔の人と心を通わせることができて嬉しい。

 

子供は正直だから、このご飯を食べたら炊飯器のご飯食べないとか言い出しそう。

家に竈作るしかないよね。集合住宅では難しいね。

一階部分に住人用の共同竈を作ればいいのだよ。

おばあちゃんが炊いてくれて、皆で御櫃を持って集まってくる。

新しい未来のカタチ✨

 

こんなに美味しいご飯には、こってりオカズは必要なし。

ご飯の味を堪能したいから!

 

そんなことを話しながらの朝ご飯でした。

 

ヨガと竈ご飯を食べる会をしてほしい。

皆にも食べてもらいたい〜と思いました!